コンサルタント活用のヒント

なんだかうまく前に進めない。モヤモヤしている。思考が整理できない。そんなときには「自分をアウトプット」することをオススメしています。
外部資源を活用する際に生じる発注者と受注者のギャップ。特に今、一番求められるのは発注者の皆様の「Whyの整理」。これが益々重要になってきています。

後編は変革への向き合い方。大手・中堅企業の方々との対話も踏まえつつ。。。
そろそろ答えを「外」に求めるのを止めませんか? 権威者や外部の人間の答えを鵜呑みにするのは危険です。答えはあなたが持っています。

コンサルタントとの良い出会いをして頂くために、今回はコンサルタントと付き合う上でのヒントについて書いてみました。
前回に続き、コンサルタントとの良い出会いをして頂くために、今回はコンサルタントを選ぶ際のヒントを書いてみました。

コンサルタントは企業・経営者に対する支援者と言われることがありますが、支援の仕方には2つのタイプがあると思います。To youとWith youです。皆さんはどちらを希望していますか?
コンサルタントって、何か胡散臭いですよね(笑)。私もかつてそう思っていました(笑)。コンサルタントに頼む前の準備として読んで頂き、世の中に溢れる「〇〇コンサルタント」に胡散臭さ、わかりにくさを感じている方のご参考にもなれば幸いです。

コンサルタントは「偉そうに何かを助言・指導する、何かを教えてくれる人」だと思っていませんか? 変革時代において、より効果的にコンサルタントを活用するには、その意識を変えて頂く必要があるかもしれません。 コンサルタントに限らず、外部資源の活用にはちょっとしたコツがあると思います。