カテゴリ:リーダーシップ



危機下でこそ問われるリーダーのコミュニケーション術。皆さんは何が必要だと思いますか?
昨今、ビジネスや教育の現場で話題のアート。今、なぜアートが注目されるのでしょうか?イノベーション創出、新しい事業・商品・サービスの開発、ダイバーシティの理解促進、職場の活性化、若手人財の定着、社員や組織が持つ潜在力の顕在化、職場のコミュニケーション等に悩む企業への福音となります。

リーダー論に関する著名人のコメントに対する異論、反論、objection。「ストーリーで納得させる」という考え自体が古い。一見、尤もらしいがよくみると「根っこが違う」というのはよくあること・・・。
事業変革のヒント · 2018/11/12
楽天、三木谷さんのインタビュー記事から。変化に挑む人と変化に戸惑う人。情報リテラシーから、議論の仕方、考え方まで。変革対応に必要なWHY思考、内外に問う力の大切さ。

事業変革のヒント · 2018/03/11
2011.3.11、東日本大震災で起きた大津波。事前の防災教育から、未曽有の状況下を生き残った小中学生がありました。この防災教育における大原則は変革時代の対応を考えるうえでも示唆に富むものと考えます。
「人が動く」と書いて「働く」。「働く」ことはもっと柔軟に捉えられて良いのでは? 小学校時代の恩師から頂く手紙のなかに、現代の個人や企業にも通ずるヒントを感じます。 クラウドやシェアリングなどにより多様な働き方が実現できる時代、個人が変わるとき、自ずと企業も変わらざるを得ないでしょう。個人と企業、変わるのはどちらが先か?その時の関係性は?